日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第56回日本肝臓学会総会
肝線維化が軽度の早期NASHを拾い上げられるマーカーを同定

 非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease:NAFLD)のうち、炎症や線維化が認められる非アルコール性脂肪肝炎(nonalcoholic steatohepatitis:NASH)を早期段階で拾い上げられる、非侵襲的な診断マーカー候補が同定された──。8月28日から29日にかけて大阪市で開催された第56回日本肝臓学会総会で、北海道大学病院消化器内科の小川浩司氏は、シンポジウム「NAFLD/NASH診療の現状と課題」で登壇し、NAFLD/NASH診断マーカーとしてのAAT-A3F(tri-antennary tri-sialylated mono-fucosylated glycan of alpha-1 antitrypsin)の可能性について講演した。

連載の紹介

シリーズ◎NAFLD/NASH診療最前線
診療ガイドラインの改訂が進み、新たな診断法・治療薬の開発が進行中のNAFLD/NASH。非専門医の積極的な参与が求められる中、非専門医によるフォロー方法、専門医へ紹介する基準から診断・治療に関する最新情報まで幅広くお届けします。

この記事を読んでいる人におすすめ