日経メディカルのロゴ画像

過去最高薬価1億6700万円、ゾルゲンスマの実力
1発治療で効果続く遺伝子治療、脊髄性筋萎縮症へのアプローチも一変

 厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は5月13日、ゾルゲンスマ(一般名オナセムノゲン アベパルボベク)を1治療当たり1億6707万7222円として薬価収載した。これは現在、日本で保険適用されている薬の中で最高額となる。薬価に注目が集まりがちだが、「治療法や効果を考えると適正で、患者にとって福音になる」という声も多い。


この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ