日経メディカルのロゴ画像

よしき往診クリニック(その1)24時間365日体制の在宅医療診療所を卒後9年目で開業
「自然死が事件化する現状を何とかしたい」
居宅中心の在宅診療、約3年でのべ患者数は500人弱に

 よしき往診クリニックは、京都市西京区の機能強化型在宅療養支援診療所だ。院長の守上佳樹氏は、医師12年目の若手医師。「多死社会」を迎える日本で、多職種による地域包括ケアのリーダーシップを取り、患者の生涯を地域で支えるべく奔走する守上氏に、在宅医療にかける思いを聞いた。

この記事を読んでいる人におすすめ