日経メディカルのロゴ画像

《日経バイオテクより》トレンド◎茨城県立こども病院の須磨崎亮氏に聞く(後編)
小児の急性肝炎、新型コロナウイルスのスーパー抗原が関与との仮説も

 欧米などを中心に、原因不明の小児の急性肝炎の可能性例が多発し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)やアデノウイルス感染との関係が指摘されている。日本でも、複数の可能性例が報告されている。なぜ、原因不明の小児の急性肝炎が起きるのか。現在までに示されている仮説について、2022年6月1日、小児の肝臓専門医であり、筑波大学名誉教授で茨城県立こども病院名誉院長の須磨崎亮氏に話を聞いたインタビューの後編です(前編はこちら:「小児の急性肝炎、欧米は異常事態、日本も同様か見極めが必要」、前編にはこれまでの経緯も紹介しています)。


連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ