日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
COVID-19後遺症を包括的に評価する尺度を作成

 英国Birmingham大学のSarah E Hughes氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症が患者に及ぼす影響について幅広く評価する質問票形式の包括的スケールSBQ-LC(symptom burden questionnaire for long covidバージョン1.0)を作成し、2022年4月27日のBMJ誌電子版に報告した。

 COVID-19から回復した患者の一部に、長期にわたる後遺症が見られている。症状はさまざまで、複数の臓器系に及ぶ。最も多く報告されているのは、疲労感、呼吸困難、ブレインフォグといった症状だ。持続する、または、反復する症状が患者に与える負荷は、QOLの低下をもたらし、学業や就業に悪影響を及ぼす場合もある。後遺症の発症率や有病率、持続期間に関する報告は多いが、ほとんどが横断的研究によるもので、用いられている調査方法はさまざまだった。

 後遺症の機序について理解を深め、後遺症に対する治療法の安全性と忍容性、有効性を検討するためには、COVID-19後の患者が申告する症状を評価するための指標を確立する必要がある。著者らは、米食品医薬品局(FDA)のガイダンスに基づいて、患者自身が申告するCOVID-19後遺症の負荷を評価する質問票SBQ-LCの開発に取り組み、Rasch分析を通じて精度を高めて、バージョン1.0を完成させた。

 この研究は、2021年4月14日から8月1日まで行われた、Therapies for Long COVID in non-hospitalised individuals: From symptoms, patient reported outcomes and immunology to targeted therapies (TLC Study)の一環として行われた。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ