日経メディカルのロゴ画像

BMJ Open誌から
COVID-19が日本の病院診療に及ぼした影響
患者数が最も減少したのは2020年5月、診療部門により影響に差あり

 東京大学の山口聡子氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックが日本の医療に与えた影響を検討するために、日本国内26病院の入院および外来受診のデータを利用して、2020年の状況をパンデミック前と比較するコホート研究を行い、入院患者も外来受診も2020年5月の第1波の時期に最も大きな抑制が見られ、影響の大きさは患者の疾患により違いが見られたことを報告した。結果は2022年4月22日のBMJ Open誌電子版に掲載された。。

 COVID-19パンデミックの影響で、COVID-19以外の疾患患者の入院、救急受診、外来受診動向に劇的な減少が見られたことが、海外諸国から報告されている。日本では海外と違いいわゆる「ロックダウン」は実施されなかったが、喘息患者などで受診患者数減少が確認されている。しかし、COVID-19が様々な診療分野の入院や外来受診に与えた影響を幅広く調べた研究は、まだなかった。

 そこで著者らは、日本におけるCOVID-19の感染拡大の第1波(ピークは2020年5月)と第2波(2020年8月)が、医療サービスの利用に及ぼした影響を明らかにするために、Medical Deta Vision社(MDV社)から得た匿名の診療記録情報を利用して、後ろ向きコホート研究を実施した。

 分析対象は2017年1月から2020年11月までに、国内の26病院を受診・入院した患者78万5495人の保険請求データ。患者の年齢、性別、診断名、処置、処方に関するデータに加えて、入院患者については、入退院日、入院理由、待機的な入院か緊急入院か、院内死亡の有無、疾患の重症度などの情報も得た。入院中に受けた医療の情報は、退院時にまとめてデータ登録されるため、退院数を入院患者数に利用した。その上で、2020年の月別の入院患者数、診断名別入院患者数、外来受診者数、内視鏡検査受検者数、リハビリ実施患者数、外来で化学療法を受けた患者の数、維持透析患者数、外来での処方件数をパンデミック前の2019年同月(または2017~19年の平均値)と比較した。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ