日経メディカルのロゴ画像

JAMA Network Open誌から
COVID-19治療薬では薬物間相互作用に注意を
最も注意すべきはロピナビル・リトナビル

 イタリアSalerno大学のValeria Conti氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に用いられた様々な薬の薬剤間相互作用(DDIs)がもたらす有害な影響を調べる系統的レビューを行い、現時点で利用が可能なDDIsチェッカーを用いれば、全てではないもの、実際に生じたDDIsによる有害事象や薬物有害反応(ADRs)を予測できるため、COVID-19のような緊急事態で他の疾患の承認薬を転用する場合も、DDIsを軽視すべきではないと報告した。結果は2022年4月19日のJAMA Network Open誌電子版に掲載された。

 COVID-19パンデミックの初期には、理論的な抗ウイルス作用を期待して、他の疾患の治療薬として既に承認を得ている薬をCOVID-19治療にも応用していた。ドラッグリポジショニングと呼ばれるこの戦略は、時として有効でないばかりか、DDIsにより、患者に害をもたらす可能性がある。DDIsによる有害な転帰やADRsの増加は、入院と医療費を増やす。DDIsチェッカーは、安全な処方を支援するために開発されたDDIsの可能性を調べるツールだ。

 著者らは、以下の4段階の手順を踏んで、COVID-19患者に有害なDDIsやADRsを起こす薬の組み合わせを検討した。第1段階では、欧州医薬品庁とイタリア医薬品庁のウェブサイト、ClinicalTrials.gov、文献を調べて、パンデミック期間中にCOVID-19治療に用いられた全ての薬剤を同定した。第2段階は、同定された個々の薬について、Drugs.com、COVID-19 Drug Interactions、LexiComp、Medscape、WebMDを通じて提供されている薬剤間相互作用チェッカーを用いてDDIsの可能性を検討した。第3段階では、文献の系統的レビューを行い、COVID-19治療薬の間に、またはCOVID-19治療薬と患者の基礎疾患に投与されている治療薬との間に生じたDDIsまたはADRを報告している論文を同定した。第4段階では、薬剤間相互作用チェッカーが、論文で報告されていたDDIsを同定できるかどうかを評価した。

 2020年3月から2022年1月までにCOVID-19治療に用いられていた薬剤は、46種類同定できた。ほとんどが、リポジショニングによるオフラベル処方や人道的使用、または、臨床試験における投与だった。

 それら46の薬剤を投与されたCOVID-19患者に、理論上発生したであろうDDI関連有害事象を分析するために、5種類の薬剤間相互作用チェッカーを利用した。用いたチェッカーが異なれば、同定される潜在的なDDIsの数やそれぞれの重症度は異なっていた。潜在的DDIsの検出件数が最も多かったのはDrug.comで、続いてMedscape、WebMDとなっていた。臨床的に意義のあるレベルのDDIs関連の有害な転帰の件数が多かったのもDrug.comで、続いて、LexiComp、COVID-19 Drug Interactionsとなっていた。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ