日経メディカルのロゴ画像

TOPIC◎WHOが11月28日現在の見解を公表
新たな変異株“Omicron”の影響は?

 WHOは2021年11月26日、南アフリカで初めて確認された新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の変異株(B.1.1.529)を“Omicron”(オミクロン株)の名称で「懸念すべき変異株(VOCs:Variants of Concerns)」に指定。他のVOCsに比べて再感染を起こすリスクが高いことが示唆されるとし各国に対して警戒を呼び掛けた。その後、WHOは11月28日に声明を公表し現時点でのオミクロン株の影響について見解を示した。

 新たな変異株(B.1.1.529)について、南アフリカからWHOに報告があったのが2021年11月24日。南アフリカのハウテン州を中心に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急激な感染拡大が発生したのをきっかけに調査が行われ、11月9日に分離された検体から初めて確認された。

 南アフリカなどの予備的な研究によると、変異株(B.1.1.529)には多数の変異が存在し、そのうち幾つかはウイルスの抗原性に影響を与える「懸念される変異」であることが明らかになった。また、懸念すべき変異株(VOCs)に分類されている他の変異株と比べて、再感染のリスクが高いことも示唆されるに至った。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ