日経メディカルのロゴ画像

シリーズ◎第6波のインパクトを占う4つの視点
医師にも迫るブレークスルー感染のリスク
「3回目のコロナワクチン接種を受ける」は76%

 新型コロナウイルスのワクチン接種2回目完了から2週間後以降の感染と定義される「ブレークスルー感染」は、接種完了から時間がたった医療従事者にとっても気掛かりなことだ。そこで、日経メディカル Onlineでは医師会員を対象にブレークスルー感染に関する調査を実施。医療現場のブレークスルー感染の実態と課題を明らかにした。

 日経メディカル Onlineは11月8日、医師会員を対象に「ブレークスルー感染に関する調査」を実施した。11月14日までに8017人から回答があり、記入不備などの回答を除く7999件について集計した(調査概要は文末参照)。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ