日経メディカルのロゴ画像

接種後の心筋炎リスクはファイザー製に比べてモデルナ製が高い
20歳代以下の男性、2回目のCOVID-19ワクチンは交互接種でファイザー製を選択可能に

 厚生労働省は2021年10月15日、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会と薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会を合同で開催。これまで国内外で報告されてきた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種後における心筋炎・心膜炎の発症に関して、武田薬品工業/米モデルナ製のワクチンはファイザー製ワクチンに比べて報告頻度が高いことから、1回目にモデルナ製ワクチンを接種した場合でも2回目はファイザー製ワクチンを選択できる方針を示し、委員の了承を得た。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ