日経メディカルのロゴ画像

JAMA Network Open誌から
SARS-CoV-2ワクチン接種開始後も感染対策を緩めてはならない
ワクチン接種者が増えても身体的距離の維持やマスクの着用は重症者を減らす

米国North Carolina大学Chapel Hill校のMehul D. Patel氏らは、SARS-CoV-2ワクチン接種の推進と、身体的距離の維持やマスクの着用といった非薬物的な介入(NPI)を併用することの重要性を検討するために、ノースカロライナ州の住民をモデルにしてワクチンの有効性とカバー率を仮定したシミュレーションを行い、ワクチンが有効性が50%でも90%でも、NPIをやめてしまうと新規感染者数、入院患者数、死亡者数が増加することが予想されると報告した。結果は2021年6月1日のJAMA Network Open誌電子版に掲載された。

 SARS-CoV-2ワクチンはCOVID-19による入院や死亡のリスクを減らすことが期待されているが、ワクチンの大規模製造と流通の難しさもあり、流行を終息させるという目標を達成することは容易ではない。ゆえに、地域住民に対するワクチン接種が進む間に、身体的距離の維持やマスクの着用といったNPIの継続がどれほど重要かを把握する必要がある。そこで著者らは、ワクチンの有効性と地域住民のカバー率を仮定した複数のシナリオをによるシミュレーションを行い、NPIを継続した場合とやめてしまった場合のCOVID-19入院患者数や死亡者数に与える影響を検討することにした

 地域のモデルとして人口1054万人のノースカロライナ州を選んだ。人口動態統計から、65歳以上の住民が18%、アフリカ系米国人の割合が20%、ヒスパニックやラテン系住民が7%、貧困レベルにある住民が19%といった特徴を持つためだ。SARS-CoV-2感染モデルは、SEIR(Susceptible-Exposed-Infected-Recovered)の枠組みを用いた。感染は、家庭内、職場、学校、コミュニティーで日常的に起こると仮定した。基本再生産数R0=2.4とし、年代特異的な入院率と死亡率をパラメーターに使用した。

 シミュレーションの時期は、2020年3月24日~2021年9月23日までの18カ月間とした。ワクチン接種が始まった時点で既に住民の10%が感染していることとし、20歳以上の成人に対して6カ月間にわたって接種を継続すると仮定した。接種期間が終了した時点のカバー率は、住民の25%、50%、75%に達した場合を想定した。ワクチンの有効性は臨床試験で報告された90%と、FDAが承認のために最小限必要とする50%の場合を検討することにした。また、参考までにワクチンを接種しなかった場合のシナリオも追加した

 NPI(移動制限、学校閉鎖、マスクの着用など)については、接種期間中も、接種開始前と同レベルを維持し、さらに同じ状態を21年9月23日まで継続した場合と、接種開始から3カ月が過ぎた時点で解除した場合について検討した。非エッセンシャルワーカーの感染者数の減少には、実際に同州でステイホーム指示が出ていた2020年3月24日から5月8日までのデータを反映させた。

 主要評価項目は、新規感染者(無症候性を含む)、入院、死亡とした。それぞれの項目はシミュレーション期間中の累積発症率と最終日までの人数を推定した。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ