日経メディカルのロゴ画像

特定医療法人研精会が大規模な“集団的個別接種”を開始
3病院で週6000人のワクチン接種体制を整備
「慢性期病院や精神科病院が積極的に担える分野。全国での広がり望む」

 特定医療法人研精会(東京都調布市)は、東京都内の精神科病院2施設と神奈川県箱根町の回復期・慢性期病院のほか、介護老人保健施設や介護付き有料老人ホームなどの運営も手掛ける。同会では6月1日から3病院で、新型コロナウイルス感染症COVID-19)ワクチンの個別接種を開始した。接種できる件数は週6日で計6000件に上り、自治体の集団接種会場での件数に匹敵する実施体制を独自に整えた。稲城台病院(東京都稲城市、397床[精神科318床、内科79床])における“集団的個別接種”の模様と併せて、同会の取り組み等をリポートする。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ