日経メディカルのロゴ画像

【緊急ウェビナーリポート】新型コロナ変異株の真相に迫る 第2弾
4剤併用療法のクリニカルパス導入で非専門医もコロナ重症化予防に貢献

 5月22日、オンライン上で緊急開催した「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化をいかに食い止めるか」の詳報です。大阪府結核予防会大阪病院では、デキサメタゾン、レムデシビル、バリシチニブ、ヘパリンの4剤併用療法のクリニカルパスを導入し、呼吸器内科医以外の医師もCOVID-19診療に参画し、成果を出しています。その現状を副院長の松本智成氏が報告しました。


連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ