日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎COVID-19患者の体内で起こっている抗体の産生を解析
新型コロナの感染を増強する抗体を発見
S蛋白のN末端に結合する抗体の中に感染を増強するものがある

 大阪大学微生物病研究所免疫化学分野教授の荒瀬尚氏らのグループは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染すると、感染を防ぐ中和抗体だけでなく、感染を増強させてしまう感染増強抗体が産生されることを見いだしたと発表した。感染増強抗体がSARS-CoV-2のS蛋白の特定の部位に結合すると抗体がS蛋白の構造変化を引き起こし、SARS-CoV-2の感染性が高まるという機序も解明した。5月24日、記者会見を行った。

 荒瀬氏は、中和抗体の産生が十分に誘導されれば、感染増強抗体が産生されたとしても感染を予防する効果が得られるとして、現状の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンは十分に効果があることを指摘したいと語った上で今回の研究報告を紹介した。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ