日経メディカルのロゴ画像

JAMA Network Open誌から
2020年に日本では自殺率が増加
COVID-19パンデミックの影響か?

 慶應義塾大学の坂元晴香氏らは、COVID-19のパンデミックが自殺率に与えた影響を調べるため、厚生労働省の統計を用いて2016~19年と2020年の月別自殺率を比較して、男性では10月と11月、女性では7月から11月までの自殺率が増加していたと報告した。結果は2021年2月2日のJAMA Network Open誌電子版に掲載された。

 COVID-19のパンデミックにより、収入を失った人が増え、知人との接触機会が減少し、精神疾患の悪化により、自殺が増えている可能性が懸念されている。そこで著者らは、厚生労働省が発表した、2011年から2020年の各月の自殺者数に関するデータを利用して、2020年11月までの日本人の自殺率を、それ以前の年の同じ月と比較することにした。

 主要評価項目は毎月の自殺率に設定、総人口に占める自殺者の割合を算出した。まず、回帰モデルを用いた差分の差分析で、2020年と2016~19年の、4月から11月までの自殺率の差を推定した。また、2次解析として、2011年から2019年の自殺率の変化に基づく予測値と、2020年の実際の報告数を比較することにした。

 2011~20年までの期間に、日本では9万48人が自殺していた。6万1366人(68.1%)が男性で、2万8682人(31.9%)が女性だった。このうち年齢が特定できたのは男性6万1135人(99.6%)と女性2万8635人(98.3%)だった。

 男性の自殺者のうち、8536人(14.0%)が30歳未満で、1万8979人(31.0%)は30~49歳、1万9574人(32.0%)は50~69歳、1万4046人(23.0%)は70歳以上だった。女性では、3755人(13.1%)が30歳未満、7395人(25.8%)が30~49歳、8585人(30.0%)は50~69歳、8900人(31.1%)は70歳以上だった。

 就労状態に関する情報は、男性5万8094人(94.7%)と女性2万7122人(94.6%)から得られた。男性のうち5103人(8.8%)は自営業者または家族経営の会社で働いており、2万670人(35.6%)は被雇用者、4533人(7.8%)は生徒または学生で、2777人(47.8%)は無職または失業中だった。女性では、697人(2.6%)は自営業者または家族経営の会社で働いており、4806人(17.7%)が非雇用者で、2120人(7.8%)は生徒または学生、4724人(17.4%)は専業主婦で、1万4775人(54.5%)は無職か失業中だった。

 自殺率が高かったのは、年齢では30歳以上の男性、就労状態は無職または失業中の男女と、被雇用者の男性だった。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ