日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎COVID-19で感染症法が改正へ
罰則規定に部会では慎重な意見相次ぐ

 厚生労働省は2021年1月15日、厚生科学審議会感染症部会を開催。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策における感染症法・検疫法の見直しについて議論が行われた。感染症法見直しについて、COVID-19の法律上の位置付けなどには異論が出されず、おおむね了承されたものの、入院措置に反したり、積極的疫学調査を拒否・虚偽の回答をした場合に罰則を設けることについて、参加した構成員からは慎重な姿勢を取るべきだとの声が相次いだ。厚労省では今後、部会の意見を踏まえた上で1月18日から始まる国会での法律改正を目指す。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ