日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎東京都への報告との一元化目指す
都医がCOVID-19のモニタリングシステムを構築

 東京都医師会は2020年12月23日より、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とインフルエンザの感染状況を把握するための医療機関向け新システムの運用を開始する。利用は無料。各診療所や病院で入力すると発見した医療機関や患者の郵便番号で分かる居住地が地図上にプロットされ、感染拡大の状況を把握できる仕組み。都全域での区市町村感染者の上位地域を表示したり、区市町村ごとに患者居住地での感染者数上位を表示することもできる。都が発表したCOVID-19に関するデータも地図上に表示させたり、市区町村別に表示できる。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ