日経メディカルのロゴ画像

2021年度予算案の策定に向けた厚労・財務の大臣折衝合意で点数設定
初再診5点、入院1日10点の報酬上乗せへ
COVID-19への特例的対応、調剤は1回当たり4点、訪問看護は50円を加算

 厚生労働省は2020年12月18日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかる特例的な対応として、医科と歯科の初診・再診について1回当たり5点、入院は1日当たり10点(入院料問わず)、調剤は1回当たり4点、訪問看護は1回当たり50円を算定できることを承認した。同加算は、各医療機関などで実施されている感染症対策を評価するもの。厚労省が発表している「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第4版」等を参考に、全ての患者の診療において感染防止に十分配慮していることや、職員研修の実施等の感染予防策を講じていることが前提となる。そのほか同日、COVID-19陽性患者への歯科治療の延期が困難で実施した場合に298点が算定できることも了承した。

 これらの評価は、2021年4月から9月までの対応を想定。10月以降については、「延長しないことを基本の想定としつつ、感染状況や地域医療の実態等を踏まえ、年度前半の措置を単純延長することを含め、必要に応じ柔軟に対応する」こととした。

 2020年4月以降、厚労省は様々なCOVID-19への診療報酬上の対応を実施してきた(表1)。今までは主にCOVID-19患者対応に関わるものであったが、12月15日に持ち回り開催の中医協で承認された6歳未満の乳幼児外来に対する100点の上乗せ(詳細はこちらを参照)と今回の対応は、COVID-19の感染の有無に関わらないものとなった。この背景について厚労省は、「COVID-19の感染拡大に伴い、誰もがウイルスを保有している可能性があることを考慮して、外来や入院を問わず、全ての患者の診療に対して感染予防策の徹底が必要である」と説明した。

表1 これまでのCOVID-19への診療報酬上の対応
(出典:第470回「中央社会保険医療協議会総会資料」)

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ