日経メディカルのロゴ画像

トピック◎COVID-19関連血栓症アンケート結果が公表
COVID-19関連血栓症、入院患者の19.4%に
抗凝固療法、COVID-19入院患者の14.5%に実施

写真1 「COVID-19関連血栓症アンケート調査」の報告書

 2020年12月8日、我が国の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の入院患者を対象に行った「COVID-19関連血栓症アンケート調査」の結果が公表された。調査で明らかになった血栓症の発症頻度、発症した患者の背景、抗凝固療法の実際など、5つのポイントに絞って報告書を読み込んだ。

 調査は、厚生労働省の血液凝固異常症等に関する研究班と日本血栓止血学会、日本動脈硬化学会が共同で実施した。対象は8月31日までに入院したCOVID-19患者。全国の399病院にアンケート調査票を送付し、109病院(回収率27.3%)から、6082症例について回答が得られた。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ