日経メディカルのロゴ画像

JAMA Network Open誌から
高齢のCOVID-19患者にせん妄が起こる頻度は?
米国のコホート研究で救急受診した65歳以上のCOVID-19患者の28%にせん妄

 米国Massachusetts総合病院のMaura Kennedy氏らは、米国の7施設の救急部門を受診した65歳以上のCOVID-19患者817人の医療記録を分析して、受診時点でせん妄を起こしていた患者の頻度は28%だったと報告した。高齢者のせん妄は転帰不良に関係する上、発熱や息切れがないCOVID-19患者にも起こっていたことから、COVID-19患者の症状チェックリストにせん妄を加えることが重要だと述べている。結果は2020年11月19日にJAMA Network Open誌電子版に掲載された。

 せん妄は、救急部門を受診した高齢者には一般的に見られる。意識レベルの変容が特徴で、見当識障害や認知機能の障害を伴う。せん妄を起こした患者は、入院期間が長引き、死亡リスクが高くなる。これまでの研究でも、高齢のCOVID-19入院患者がせん妄を起こしたことが報告されている。しかし、救急部門を受診した高齢のCOVID-19患者が、どのくらいの頻度でせん妄を起こすのかは、詳しく調べられていなかった。

 そこで著者らは、2020年3月13日以降に米国の7施設(北東部のマサチューセッツ州、メイン州、コネティカット州、中西部のミシガン州、南部のノースカロライナ州)の救急部門を受診した高齢のCOVIV-19患者を対象に多施設コホート研究を行い、せん妄を起こした患者の割合を調べることにした。

 組み入れ対象は、連続する65歳以上のCOVIV-19救急受診患者で、原則として鼻腔スワブ標本によるPCR検査で診断が確定した場合とした。ただし、PCR検査用の器具が不足した施設もあり、約1%の患者は胸部X線画像またはCT画像の典型的なすりガラス様陰影などに基づいてCOVID-19と診断されていた。また参加施設により、その地域のCOVID-19患者有病率や救急患者数に違いが見られたため、原則として65歳以上のCOVID-19患者全員の診療記録を調べるが、少なくとも30人のせん妄患者が受診するまで追跡を続けることにした。

 主要評価項目は、医療記録に記述されている、救急部門受診時のせん妄の診断とした。せん妄の判定はスクリーニングツールのConfusion Assessment Methodを使用した。せん妄の他にどんな症状が見られたかについては、米国CDCやWHOのCOVID-19感染チェックリストに基づいて、25種類の症状と兆候の有無を調べた。その他に診療記録から、患者の人口動態的特性、飲酒、喫煙、向精神薬の使用、併存疾患、臨床アウトカムなどに関する情報も調べた。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ