日経メディカルのロゴ画像

英国、新型コロナワクチンを緊急使用許可、世界初
ヒト用医薬品でmRNA医薬の実用化も初

 米Pfizer社とドイツBioNTech社は、2020年12月2日、両社が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して開発していたmRNAワクチン(開発番号:BNT162b2)について、英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)が、緊急使用を一時的に許可したと発表した。COVID-19のワクチンが認められるのは世界で初めて。また、ヒト用の医薬品として、mRNA医薬が認められるのも世界で初めて。同日、BioNTech社はオンラインでプレスカンファレンスを開催し、Ugur Sahin CEOらが質疑応答に応じた。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ