日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎Pfizer社とBiontech社が開発中のワクチン
COVID-19に対するmRNAワクチンの第3相試験で有望な結果

 米Pfizer社とドイツBiontech社は、11月9日、開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン「BNT162b2」の有効率が、進行中の国際共同第3相試験の中間解析で90%以上を示したと発表した。臨床試験は4万3538人を登録するもので、94例のCOVID-19患者が発生した段階での解析結果としている。現時点で重篤な副反応は認められておらず、今後さらに安全性に関して検討を進め、近く米食品医薬品局(FDA)に対して緊急使用許可のための申請を行う計画だ。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ