日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
レムデシビルはCOVID-19からの回復を促進する
米国NIAIDが行ったランダム化比較試験ACTT-1の最終結果

 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のJohn H. Beigel氏らは、COVID-19で入院した成人患者にレムデシビルまたはプラセボを10日間投与する二重盲検のランダム化比較試験Adaptive Covid-19 Treatment Trial(ACTT-1)の最終結果をまとめ、レムデシビルはプラセボよりも回復までの期間を短縮したと報告した。なお、この試験の予備的な分析結果は2020年5月22日にNEJM誌に報告されており、最終報告は2020年10月9日にNEJM誌電子版に掲載された。

 COVID-19の治療薬では、ステロイドのデキサメタゾンが死亡率を減らすことが報告されているが、有効性を示した抗ウイルス薬はまだ見つかっていない。レムデシビルはRNAポリメラーゼ阻害薬で、COVID-19の流行初期に、SARS-CoV-2に対する阻害効果がin vitroで示されたため、治療薬候補として有望視されるようになった。

 ACTT-1試験を行った著者らは、追跡期間を終了した段階で、5月に発表した予備解析のデータをアップデートして最終報告をまとめた。この試験は、2020年2月21日から4月19日までに、米国(45施設)、デンマーク(8施設)、英国(5施設)、ギリシャ(4施設)、ドイツ(3施設)、韓国(2施設)、メキシコ(2施設)、スペイン(2施設)、日本(1施設)、シンガポール(1施設)で、試験参加者を組み入れている。

 対象は、成人のCOVID-19入院患者で、下気道感染のエビデンスがある人。参加者は1対1の割合でレムデシビルまたはプラセボに割り付けられた。割り付け時点の層別化は、参加施設と重症度を考慮した。重症者の定義は、機械的換気を要する場合、酸素補充療法を要する場合、室内気でのSpO2が94%以下の場合、頻呼吸(呼吸数24回/分以上)が見られる場合、とした。

 レムデシビルは1日目に負荷用量として200mgを投与し、2日目から10日目までは維持用量として100mg/日を投与した。投与期間は開始から10日目、死亡、退院のいずれかまで継続した。プラセボ群には同じ頻度と用量の生理食塩水を投与した。参加者は割り付け薬に加え、それぞれの施設の標準的な対症療法が適用された。

 患者の状態は、投与開始から29日目まで毎日評価を受けた。評価は8段階の順序カテゴリースケールとNational Early Warning Score(NEWS)を用いた。8段階の順序カテゴリースケールは、(1)入院しておらず活動制限なし、(2)入院していないが、活動制限があるか在宅酸素療法が必要、(3)入院しているが酸素補充療法は不要で薬物療法も不要(周囲への感染予防目的の入院など)、(4)入院しており、酸素補充療法は不要だが、COVID-19または他の疾患に対する治療が必要、(5)入院しており酸素補充療法が必要、(6)入院しており、非侵襲的な換気または高流量酸素療法が必要、(7)入院しており、侵襲的な換気またはECMOが必要、(8)死亡、と規定した。

 主要評価項目は、登録から回復までの期間とし、28日後まで追跡した。8段階の順序カテゴリーの1~3に該当した時点で回復と判断した。副次評価項目は15日目時点の順序カテゴリースケール、ベースラインからカテゴリ2段階回復するまでの時間、酸素補充療法を受けていた日数、などとした。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ