日経メディカルのロゴ画像

トピック◎新型コロナウイルス感染症、今後の対応
唾液採取には「梅干し・レモン」の写真が効く

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の今後の医療体制の整備が進む中、診療所の院長の中には「診療・検査医療機関」の指定をためらう人もいる。COVID-19疑い例の診察は、感染予防から検体採取まで悩みどころが山積みだからだ。例えば「患者の唾液採取は難しい」との声も。これに対し「そんなことはない。簡単に採れる」と話す医師がいる。

 「唾液採取は難しくない」。こう話すのは、長崎県長崎市で本田内科医院を開業する本田孝也氏だ(写真1)。この春から、フェイスシールドの代わりに透明ポリ袋を使って、COVID-19疑い例のトリアージに取り組んできた(関連記事)。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ