日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎新型コロナウイルス感染症の新たな検査指針が公開
鼻腔ぬぐい液でのPCR・抗原検査が可能に、どう使い分ける?

 厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策推進本部は2020年10月2日、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第1版)」を公開し、鼻腔ぬぐい液を用いたPCR検査および抗原検査を可能とする方針を示した。鼻腔から2cmほどの位置で採取する鼻腔ぬぐい液は、患者自身が検体を採取できることから、医療従事者の感染予防への有用性が期待されている。

 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第1版)」は国立感染症研究所、国立国際医療研究センターなど9団体が合同で作成した指針で、9月25日の厚生科学審議会感染症部会で議論の上、今回の公開に至った。3章構成で、各種検査の種類と意義、状況に応じた各検査の使い分け、検体採取に応じた感染防護についてそれぞれ記載している。なお、同指針の使用開始に伴い、抗原定性検査の使用方法と検体の扱いに関する方針を示していた「SARS-CoV-2抗原検出用キットの活用に関するガイドライン」(6月16日最終改定)は廃止となった。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ