日経メディカルのロゴ画像

トピック◎国立国際医療研究センターが発表
COVID-19重症化の予測因子を同定
新型コロナウイルスの対策は『受け身』から『攻勢』へ

 国立国際医療研究センターは9月30日に記者会見を開き、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を予測する5つのマーカーを同定したと発表した。既に検査マーカーとしての特許を申請済みで、今後、前向き多施設共同研究を実施し実用性を確認する。重症化を早期に予測するCCL17と重症化の兆候をとらえるIFN-λ3の同定は、世界初という。

写真1 国立国際医療研究センターが9月30日に開いた会見から

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ