日経メディカルのロゴ画像

BMJ誌から
COVID-19患者の死亡リスクを予測するスコア
英国の入院患者約5万8000人のコホートでモデルの構築と検証

 英国Edinburgh大学のStephen R Knight氏らは、イングランド、スコットランド、ウェールズの260病院に入院したCOVID-19患者のデータを用いて、院内死亡率が高い患者のリスクを予測する「4C死亡率スコア」モデルを構築して、別の患者コホートで検証し、肺炎の重症度分類に用いられるA-DROPやCURB65よりも、死亡リスクの予測精度が高かったと報告した。結果はBMJ誌電子版に2020年9月9日に掲載された。

 国際重症急性呼吸器新興感染症協会(International Severe Acute Respiratory and Emerging Infection Consortium;ISARIC)世界保健機関(WHO)Clinical Characterisation Protocol UK(CCP-UK)スタディは、ISARIC Coronavirus Clinical Characterisation Consortium(ISARIC-4C)によって、イングランド、スコットランド、ウェールズの260病院で行われた。

 死亡リスク予測モデルの構築は、2020年2月6日から5月20日の入院患者から得られたデータを用いた。モデルの検証は、5月21日から6月29日までの入院患者のデータを使用した。

 入院の初日に取得された人口統計学的特性、臨床特性、転帰に関する情報を収集した。併存疾患は、慢性心臓病、喘息を除いた慢性呼吸器疾患、慢性腎臓病、軽症から重症までの肝臓病、認知症、慢性神経疾患、結合組織病、糖尿病、HIVまたはAIDS、癌、肥満とした。主要評価項目は、院内死亡に設定した。

 死亡リスク予測因子の候補は、肺炎とインフルエンザ様疾患の転帰に影響することが知られている患者特性と臨床特性、または、COVID-19患者の予後予測因子である可能性が指摘されている臨床バイオマーカーで、導出コホートの3分の2以上において利用可能だった要因の中から選出した。

 モデル導出コホートでは、3万5463人の患者データが集まった。年齢の中央値は73歳(四分位範囲59~83歳)、女性が41.7%で、76.0%が1つ以上の併存疾患を有していた。コホート全体の院内死亡率は32.2%だった。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ