日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
アイスランドのSARS-CoV-2推定感染率は0.9%
約5万人のPCR検査と約3万人の抗体検査データを基に国民の感染率を推定

 アイスランドdeCODE Genetics社のDaniel F. Gudbjartsson氏らは、約3万人の住民にSARS-CoV-2抗体検査を行い、定量的PCR検査の結果と合わせて、同国の感染歴のある人の割合を0.9%と推定した。また抗体陽性になった患者では、診断から4カ月後までは抗体価が下がっていなかったと報告した。結果は、NEJM誌電子版に2020年9月1日に掲載された。

 人口が35万人強のアイスランドは、PCR検査を精力的に行っており、6月15日までに5万4436人が検査を受けていた。そこで著者らは、アイスランドでのSARS-CoV-2感染状況を把握するため、幅広く抗体検査を実施することにした。感染したことがない人と感染したが症状がない人を区別し、感染したが抗体陽性に転換した人と抗体ができなかった人の割合を調べ、抗体陽性率と関連する要因を検討し、さらに抗体価の経時的な変化を突き止めようと試みた。

 著者らは同国の8つのグループに対して抗体検査を行うことにした。具体的には、定量的PCRによりSARS-CoV-2感染が診断されていた2グループ(入院中の患者と既に回復した患者)と、PCR検査を受けていなかった、または受けたが陰性だった人の6グループ(検疫の対象者、医療機関の受診者、レイキャビクの住民、ヴェストマン諸島の住民、2017年に血液標本を提供した人、2020年初頭に血液標本を提供した人)だ。合計3万576人の血清標本に対して、6種類の検査を適用し、抗体レベルを測定した。

 具体的には以下の抗体検査だ。1)Roche社のヌクレオカプシド(N)に対するpan-免疫グロブリン(pan-Ig)抗体(IgM、IgG、およびIgA抗体を検出)、2)Wantai社のスパイクタンパク質のS1サブユニットの受容体結合ドメイン(RBD)に対するpan-Ig抗体(IgM、IgG、IgA抗体を検出)、3)EDI社のNに対するIgM抗体検査、4)EDI社のNに対するIgG抗体検査、5)Euroimmun社のスパイクタンパク質のS1サブユニットに対するIgG抗体検査、6)Euroimmun社のスパイクタンパク質のS1サブユニットに対するIgA抗体検査。このうち1)と2)の両方の検査が陽性になった場合を抗体陽性と判定した。

 最初に、COVID-19で入院していたが回復した患者から、回復した直後と回復から3カ月後の血液標本の提供を受けた。次に、アイスランドでの感染開始時期を推定するために2020年初頭の血液標本と、検査の特異度を評価するために、流行が起こる前の2017年の血液標本を検査することにした。検疫で隔離されていた人は、ウイルス暴露タイプ別の感染率を調べるために検査に加えた。医療機関の受診者と地域住民は、アイスランドでのウイルスの広がりを推定するために検査に加えた。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ