日経メディカルのロゴ画像

Future Medicine誌から
COVID-19患者の悪化を予測するマーカー
米国の患者でもCRP、Dダイマー、IL-6、フェリチン、LDが有用

 救急部門を受診したCOVID-19患者に簡単な血液検査を行い、CRP、Dダイマー、IL-6、フェリチン、LD(乳酸脱水素酵素)を測定すると、ICU入院、挿管、死亡のリスク予測に役立つことが示唆された。米国George Washington大学病院に入院した患者を対象とする分析の結果は、同大学のShant Ayanian氏らによって、Future Medicine誌電子版に2020年7月17日に報告された。

 COVID-19の悪化や死亡のリスクを予測するバイオマーカーについて、中国の症例研究からいくつかの候補が報告されている。しかし、それらが米国のCOVID-19患者のリスク判定にも有用かどうかは明らかではなかった。そこで著者らは、米国のCOVID-19患者に有用なバイオマーカーを同定しようと考えた。

 対象は、ワシントンD.C.にあるGeorge Washington大学病院に、2020年3月12日から5月9日までの期間に入院し治療を受けた18歳以上のCOVID-19確定例299人。病院の電子医療記録から、患者の年齢、性別、BMI、併存疾患、使用薬剤、入院時のルーチン検査に加え、CRP、Dダイマー、IL-6、フェリチン、LDのデータを調べ、これらのデータと臨床アウトカム(ICU入院、挿管、院内死亡)の関係を検討する後ろ向き研究を実施した。ICU入院前の最大酸素必要量、ICU入院、機械的換気の適用、退院時サマリーなどの情報も収集した。

 IL-6、フェリチン、CRP、LDは、原則として中央値を閾値とした。IL-6の閾値は60pg/mL(基準範囲は0.0~15.5pg/mL)、フェリチンの閾値は450ng/mL(基準範囲は20~450ng/mL)、CRPの閾値は90mg/L(基準範囲は0.0~9.0mg/L)、LDの閾値は1200ユニット/L(基準範囲は400~800ユニット/L)とした。Dダイマーについては、他の研究が、COVID-19患者の血栓症リスクの予測において特異度が高いとしていた3μg/mLを閾値とした(基準範囲は0.20~0.28μg/mL)。

この記事を読んでいる人におすすめ