日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎岐阜市民病院の西垣和彦氏に聞く
COVID-19、病態の本質は「尋常でない血栓症」
循環器内科医が見たCOVID-19の病態と治療

 「この画像は、肺血栓症の画像ではないか」──。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の論文を検討していた時、典型的な肺炎画像を見た1人がこう指摘した。長らく日本循環器学会のガイドライン作成に携わってきた岐阜市民病院の西垣和彦氏が、COVID-19の病態の本質は血栓症であると思い定めた瞬間だった。循環器内科医から見たCOVID-19の病態と治療について語っていただいた。(文中敬称略)

この記事を読んでいる人におすすめ