日経メディカルのロゴ画像

bioRxivから
コロナウイルスの抗体は交差反応するか?
従来のコロナウイルス感染者とCOVID-19患者の抗体を調べる

 英国Francis Crick InstituteのKevin W. Ng氏らは、COVID-19確定例の血清とSARS-CoV-2非感染者の血清を用いて、高感度フローサイトメトリーを利用した抗体検査を行い、非感染者の一部が、SARS-CoV-2のスパイク蛋白質(S)に反応する抗体を保有すること、それらはSARS-CoV-2中和活性を持つことを示唆する結果を得て、bioRxivに2020年7月23日に報告した。

 MERS-CoV、SARS-CoV、SARS-CoV-2以外に、4種類のコロナウイルスが知られているが、それらはいずれも軽い呼吸器症状を引き起こすに留まる。また、従来のコロナウイルス(HCoVs)のいずれかに感染すると、交差反応性を示す抗体が誘導されて、別のコロナウイルスに感染しにくくなる、と考えられてきた。そうした抗体がSARS-CoV-2にも交差反応するかどうかを明らかにするために、著者らは特殊なフローサイトメトリーの蛍光活性化セルソーティング(FACS)法を用いて調べることにした。

 対象は、英国のUniversity College London Hospitals(UCLH)を2020年3月から4月に受診し、RT-PCR検査によりCOVID-19が確定した患者のうち、発症後2日目から43日目までに採取されていた血清または血漿サンプルがある場合。また、英国内の施設で、COVID-19流行以前に、SARS-CoV-2感染歴のない成人計262人と小児と思春期の48人から採取されていた血液標本も得た。

 著者らは、抗体の検出法として一般に用いられるELISAよりも感度の高い方法として、フローサイトメトリーを利用した。ヒト胎児腎細胞293T(HEK293T)に、SARS-CoV-2と季節性のヒトコロナウイルス(HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1)のスパイク蛋白質を発現させておいて、それぞれと血清標本を混合し、標本中の抗体と、発現させた抗原の結合を促した。続いて、抗ヒトIgG抗体、抗ヒトIgM抗体、抗ヒトIgA抗体を作用させて、FACS解析を行った。

この記事を読んでいる人におすすめ