日経メディカルのロゴ画像

Ann Intern Med誌から
COVID-19患者の危険因子は65歳未満の肥満
CRP、ESR、Dダイマー、トロポニンと肥満の関連は見られず

 米国Columbia大学Irving Medical CenterのMichaela R. Anderson氏らは、ニューヨーク市内の2病院に入院したCOVID-19患者のBMIと、気管挿管または死亡の関係を検討する後ろ向きコホート研究を行ったところ、肥満者のリスクが有意に高く、リスク上昇が有意になるのは65歳未満の肥満者だったと報告した。結果は、Ann Intern Med誌電子版に2020年7月29日に掲載された。

 肥満は、ウイルス性および細菌性の肺炎と急性呼吸窮迫症候群(ARDS)、および、肺移植後の急性呼吸不全の危険因子であることが示されている。一方で、肥満は肺炎とARDSによる死亡率低下に関連するという矛盾する報告もある。COVID-19については当初、入院患者と機械的換気を必要とする患者には肥満者が多いと報告されており、さらに、肥満が死亡リスクの上昇に関係する可能性も指摘されていた。が、併存疾患や年齢が、COVID-19の転帰と肥満の関係に及ぼす影響については検討されていなかった。

 著者らは、肥満は、COVID-19で入院した患者の気管挿管または死亡のリスク上昇に関係し、BMI高値は、入院時の炎症マーカー高値、赤沈亢進、心損傷の進行、線維素溶解の亢進の上昇と関係すると仮定し、臨床データで検討することにした。

 後ろ向きコホート研究の対象は、2020年3月10日から4月24日までの45日間に、Columbia大学Irving Medical Centerと関連病院のAllen Hospitalの救急部門を受診し、その後入院した患者で、鼻咽頭スワブのPCR検査でSARS-CoV-2感染が確定した人。救急受診後に退院できた患者、入院前に死亡した患者、18歳未満の患者は組み入れから除外した。条件を満たした患者は6月10日まで追跡した。

 BMIは入院中最初に測定した身長と体重から計算した。期間中に測定した記録がない患者は、以前に入院していたときのBMIを調べた。極端な数値(身長120cm未満や、体重220kg超など)の患者は、対象から除外した。BMIはWHOの基準に基づいて、18.5未満を低体重、18.5~24.9を正常体重、25.0~29.9を過体重、30~34.9はクラス1の肥満、35~39.9をクラス2の肥満、40以上をクラス3の肥満に分類した。各群を比較する場合は、過体重群を基準にした。

 患者の状態を把握するバイオマーカーとして、CRP、赤血球沈降速度(ESR)、高感度トロポニン、Dダイマーを入院時に検査し、入院経過中も調べた。

 主要評価項目は、救急受診時から気管挿管、または院内で死亡するまでの時間とした。副次評価項目は、気管挿管時点から院内で死亡するまでの時間とした。

この記事を読んでいる人におすすめ