日経メディカルのロゴ画像

JAMA Intern Medicine誌から
SARS-CoV-2抗体検査での米国の推定感染者数
抗体保有率から推定された感染者数は報告された患者数の6~24倍

 米国疾病管理予防センター(CDC)のFiona P. Havers氏らは、米国の10地域で日常診療の一環として採取された血液検査標本を用いて住民のSARS-CoV-2抗体保有率を調べ、地域でのCOVID-19患者数と比較し、実際の感染者数は報告された患者数の6~24倍だったと推定した。結果はJAMA Intern Medicine誌電子版に2020年7月21日に掲載された。

 血液サンプルは、コレステロールスクリーニング検査などの目的で、米国内の商業的な臨床検査ラボ2施設に保管されていた標本を利用した。これらの標本は米国の10地域(カリフォルニア州のサンフランシスコベイエリア、コネティカット州、フロリダ州南部、ルイジアナ州、ミネソタ州St Cloud-St Paul都市圏、ミズーリ州、ニューヨーク市、ペンシルベニア州フィラデルフィア都市圏、ユタ州、ワシントン州西部)で、3月23日から5月12日までの異なる期間に採取されたものだ。

 主要評価項目は、SARS-CoV-2のスパイク蛋白質に特異的な抗体の存在とした。CDCが開発したELISA法により検出し、地域の居住者の年齢、性別を考慮した標準化抗体保有率を推定した。推定値は、検査精度の特性(感度96.0%、特異度99.3%)で補正した。

 10地域で採血された1万6025人に由来する血清標本を分析した。対象者の55.2%が女性で、7.5%が18歳以下、36.5%が65歳以上だった。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。
新型コロナ禍で激変する医療・介護の行方を占う
注目トピックを網羅するセミナーに豪華講師陣が登壇!

◇◆日経クロスヘルス EXPO 2020◆◇
2020年10月14日(水)~16日(金)※オンライン開催

 今年の「日経クロスヘルス EXPO」は、医療・介護や健康・予防づくりに携わる皆様に向けて、充実のカンファレンス・セミナーをオンラインで開催します。
 新興感染症対策、報酬改定・制度改正、最先端技術など注目のトピックを網羅。コロナの封じ込めに成功した台湾の保健大臣をはじめ国内外のトップリーダー、現役官僚、新たな領域を切り拓くイノベーターなど、豪華講師陣が多数登壇し、他では得られない有益かつ最新の情報と知見をお届けします。
 カンファレンス・セミナーは、ビデオ会議ツール「Zoom」によってWeb配信しますので、職場やご自宅からも聴講が可能です。奮ってご参加ください。

この記事を読んでいる人におすすめ