日経メディカルのロゴ画像

1分解説◎ポビドンヨードうがいは「かぜ予防に効果なし」というデータも
「ヨードうがい推奨会見」、患者にどう伝える?

 2020年8月4日に大阪府が行った「ヨードうがい推奨会見」が波紋を呼んでいる。

 会見では、大阪府立病院機構・大阪はびきの医療センターが行った研究結果を紹介。大阪府の宿泊療養施設に入っている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の軽症患者41人に対し、ポビドンヨードを含むうがい薬を用いて1日4回(起床時、昼食前、夕食前、就寝前)のうがいを実施したところ、唾液中のウイルスの陽性頻度が低下したという。

 患者は入所中、毎日、唾液検体を採取され、PCR検査を実施した。大阪府で宿泊療養を行った研究対象者以外のCOVID-19患者の群では、PCR検査での新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の陽性率が1日目68.8%、2日目75.0%、3日目56.3%、4日目40.0%だったのに対し、ポビドンヨードを含むうがい薬を使用した群は1日目56.0%、2日目48.0%、3日目36.0%、4日目9.5%だった。

 この結果をもって、府と同センターは今後、宿泊施設で療養する患者2000人の同意を得て、COVID-19の重症化予防にポビドンヨードによるうがいが効果があるかどうか、大規模な臨床研究を行う考えを示した。また、府民に対して大阪府知事の吉村洋文氏は「発熱などの症状のある人やその家族、接待を伴う飲食店の従業員、医療従事者や介護従事者は、8月20日までの強化期間はポビドンヨードによるうがいを励行してください」と呼びかけた。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ