日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎「COVID-19は空気感染する」とWHOが初めて言及した背景は?(Part.1)
空気感染、「3密」と言ってるのだから認めて当然でしょ
国立病院機構仙台医療センターの西村秀一氏に聞く

 2020年7月6日、豪州、欧米、中国、日本などの研究者有志が、「It is Time to Address Airborne Transmission of COVID-19」と題した声明をClinical Infectious Disease誌に発表。COVID-19のairborne transmission(空気媒介伝播)による感染(ここではこれを空気感染とする)に対応すべきと訴えた。具体的には、「公共施設やオフィススペース、学校、病院や老健施設などで十分で効果的な換気が行えるように設備を整えるべき」というものだ。この声明に対し、世界保健機関(WHO)は7月7日の定例会見で「換気の悪い環境でのairborne transmissionの可能性」について言及。これまでCOVID-19の感染様式は接触感染と飛沫感染としていたWHOも空気感染について初めて言及した形だ。この研究者有志による声明の背景などについて、有志の一人として加わった国立病院機構仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター長の西村秀一氏に話を聞いた。


連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。
新型コロナ禍で激変する医療・介護の行方を占う
注目トピックを網羅するセミナーに豪華講師陣が登壇!

◇◆日経クロスヘルス EXPO 2020◆◇
2020年10月14日(水)~16日(金)※オンライン開催

 今年の「日経クロスヘルス EXPO」は、医療・介護や健康・予防づくりに携わる皆様に向けて、充実のカンファレンス・セミナーをオンラインで開催します。
 新興感染症対策、報酬改定・制度改正、最先端技術など注目のトピックを網羅。コロナの封じ込めに成功した台湾の保健大臣をはじめ国内外のトップリーダー、現役官僚、新たな領域を切り拓くイノベーターなど、豪華講師陣が多数登壇し、他では得られない有益かつ最新の情報と知見をお届けします。
 カンファレンス・セミナーは、ビデオ会議ツール「Zoom」によってWeb配信しますので、職場やご自宅からも聴講が可能です。奮ってご参加ください。

この記事を読んでいる人におすすめ