日経メディカルのロゴ画像

リポート◎COVID-19から回復後も続く症状
見えてきたCOVID-19後遺症の実像

 強度な運動をしたときに酸素飽和度が下がるので、長距離を走れなくなってしまった。心臓は特に問題なく、肺を精査中だ。日常生活に支障はないが、運動が好きだったのでとても困っている──。ある医師の証言だ。

 2020年4月にCOVID-19の罹患体験記を寄稿した医師に、COVID-19の後遺症について尋ねる機会があった。医師からは「米国でも課題になっており、特にPTSDと肺の繊維化に関しての話題を耳にする」との返信があった。加えて「私も肺に障害が残っているように感じることがあり、近くCOVID-19肺炎のフォローを数多く手掛ける医師の診察を受ける予定だ」とも。この医師はCOVID-19罹患で肺炎症状を認めたが、重症化には至らず退院していた。だが、発症から4カ月余りが経つものの、症状は完全になくなってはいなかった。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。
新型コロナ禍で激変する医療・介護の行方を占う
注目トピックを網羅するセミナーに豪華講師陣が登壇!

◇◆日経クロスヘルス EXPO 2020◆◇
2020年10月14日(水)~16日(金)※オンライン開催

 今年の「日経クロスヘルス EXPO」は、医療・介護や健康・予防づくりに携わる皆様に向けて、充実のカンファレンス・セミナーをオンラインで開催します。
 新興感染症対策、報酬改定・制度改正、最先端技術など注目のトピックを網羅。コロナの封じ込めに成功した台湾の保健大臣をはじめ国内外のトップリーダー、現役官僚、新たな領域を切り拓くイノベーターなど、豪華講師陣が多数登壇し、他では得られない有益かつ最新の情報と知見をお届けします。
 カンファレンス・セミナーは、ビデオ会議ツール「Zoom」によってWeb配信しますので、職場やご自宅からも聴講が可能です。奮ってご参加ください。

この記事を読んでいる人におすすめ