日経メディカルのロゴ画像

JAMA Neurology誌から
COVID-19入院患者の1.6%が脳梗塞を合併
米国で2016~18年シーズンのインフルエンザ入院患者とリスク比較

 米国Weill Cornell MedicineのAlexander E. Merkler氏らは、COVID-19患者は他の呼吸器ウイルス感染症患者よりも脳梗塞リスクが高いという仮説を調べるため、ニューヨーク市の大学病院2施設を救急受診した患者や入院患者を対象に、2020年のCOVID-19患者と2016~2018年シーズンのインフルエンザ患者の脳梗塞のリスクを比較して、前者の発症率は1.6%、後者は0.2%だったと報告した。結果はJAMA Neurology誌電子版に2020年7月2日に掲載された。

 COVID-19が凝固能亢進状態や血栓性の合併症を伴いやすいことが報告されている。しかし、他のウイルス性呼吸器感染症に比べ、COVID-19の脳梗塞リスクが高いかどうかは明らかではなかった。そこで著者らは、COVID-19患者とインフルエンザの患者の脳梗塞発症率を比較する後ろ向きコホート研究を計画した。

 COVID-19コホートの対象は、2020年3月4日から5月2日までにニューヨーク市の大学病院2施設を救急受診したか入院した、18歳以上の診断確定例の患者。インフルエンザコホートは、2016年1月1日から2018年5月31日までに同じ施設で救急受診または入院したA型またはB型インフルエンザの診断確定例患者。

 電子診療記録から、個々の患者の人口統計学的要因、血管疾患の危険因子、発現した症状(咳、発熱、呼吸困難/低酸素症など)、重症度(ICU入院、機械的換気の適用、腹臥位療法の適用など)、検査値、画像検査、投与された治療薬、院内死亡、退院時の状態などの情報を得た。

 主要評価項目は急性脳梗塞とした。COVID-19コホートでは、CTやMRI画像により明らかな脳梗塞と診断されていた場合と、脳梗塞の疑いが強い患者は2人の専門医が判定した。意見が分かれた場合は第3の専門医が加わった。インフルエンザコホートの診断は、Cornell Acute Stroke Academic Registry(CAESAR)のデータを利用した。

この記事を読んでいる人におすすめ