日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎ウィズコロナ時代の外来診療
在院時間短縮の取り組みが今後も生きる
来院をためらう糖尿病患者の不安を解消するコツ

 2019年末から世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、患者が院内感染などを恐れて受診をためらうケースが少なくない。オンライン診療はこうした不安を解消する方法として期待されているが、一方で対面でなければ十分な診療ができないケースもあるだろう。「その代表例が糖尿病だ」と指摘するのは、糖尿病専門医として地域の患者を数多く診療しているあらまき内科クリニック(滋賀県湖南市)院長の荒牧陽氏。これからの時代の糖尿病診療の姿について荒牧氏に話を聞いた。


この記事を読んでいる人におすすめ