日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎保健所を介さないPCR検査体制を医師会主導で構築
新型コロナ、地区医師会だからできたこと
品川区医師会理事の三浦和裕氏、同地域包括ケア保健師の藁谷藍子氏に聞く

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)では、かかりつけ医がPCR検査が必要と判断した場合でも、保健所に断られるケースが多く、問題となった。品川区医師会は、そのような混乱に終止符を打つため、いち早く行動を起こし、医師会員の困り事を解決してきた。その活動の軌跡を、品川区医師会理事で、三浦医院院長の三浦和裕氏と、同副主任で、地域包括ケア保健師の藁谷藍子氏に聞いた(文中敬称略)。


この記事を読んでいる人におすすめ