日経メディカルのロゴ画像

Nature medicine誌から
COVID-19患者の抗体価が早期に下がる可能性
中国重慶市で無症候性感染者と軽症患者のSARS-CoV-2抗体価を継続測定

 中国重慶医科大学のQuan-Xin Long氏らは、重慶市でSARS-CoV-2感染が確認された無症候性感染者と軽症COVID-19患者の臨床経過と免疫学的反応を調べ、無症候性感染者の40%と軽症患者の12.9%は、退院後8週時点でIgG抗体が陰性化していたと報告した。結果はNature medicine誌電子版に2020年6月18日に掲載された。

 SARS-CoV-2感染者の中に、無症状のままウイルスを排出しているサイレントスプレッダーと呼ばれる人がいることが明らかになってきた。しかし無症候性感染者の臨床特性や免疫反応については、詳しく報告されていなかった。そこで著者らは、RT-PCR検査でSARS-CoV-2感染が確定し、重慶市万州区の政府指定病院に隔離入院された感染者で、過去14日間と入院中にCOVID-19関連症状が全く見られなかった無症候性感染者37人を同定して、免疫反応やサイトカインレベルを調べた。さらに条件をマッチさせた軽症COVID-19患者や、PCR陰性と判定されたとこれらの結果を比較することにした。

 重慶市で2088人の濃厚接触者スクリーニングを実施したところ、PCR陽性だが診断時点で症状がない感染者は60人見つかった。その後隔離入院中に症状を発症した患者が23人いたため、診断前の14日間と隔離入院中を通じて症状がなかった感染者は37人となった。重慶市万州区では、2020年4月10日までに178人の感染が確定しており、無症候性感染者の割合は20.8%だった。

 無症候性感染者37人の年齢は、中央値で41歳、範囲は8~75歳までで、22人が女性だった。これらの無症候性感染者と性別・年齢・併存疾患をマッチさせた軽症患者37人を選び出した。同じく条件をマッチさせたPCR陰性の非感染者も37人選び出した。

 無症候性感染者37人中3人にリンパ球減少症が、1人には血小板減少症が見つかった。6人はアラニンアミノ基転移酵素(AST)が上昇しており、11人にはCRPの上昇が見られた。

 入院時の胸部CTスキャンでは、11人(29.7%)にスリガラス陰影が、10(27.0%)に索状影やびまん性の浸潤影が認められが、16人(43.2%)には異常は見られなかった。また、入院から5日目に撮影されたCT画像に、スリガラス陰影または索状影が見られた患者が5人いた。明確な症状がある患者で典型的に見つかる胸水貯留、エア・ブロンコグラム、リンパ節腫脹などは認められなかった。無症候性感染者では、画像上の異常が片肺のみに認められた患者が66.7%(21人中14人)で、両側に認められた患者は33.3%(21人中7人)だった。

 鼻咽頭スワブのRT-PCR検査で初めて陽性になった時点のCt値を比較したところ、無症候性感染者と軽症者の間に有意差は見られなかった。PCR陽性が持続した期間で調べたウイルス排出期間は、無症候性感染者が中央値で19日(四分位範囲15~26日)、これは軽症患者の14日(9~22日)より有意に長かった(ログランク検定のP=0.028)。ただしPCR陽性結果とウイルスの感染力は一致しているわけではないので、さらに研究する必要がある。

この記事を読んでいる人におすすめ