日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎withコロナ時代の熱中症診療
「熱中症も新型コロナも同時に疑うしかない」
公立昭和病院救命救急センター担当部長小島直樹氏に聞く

 緊急事態宣言は解除されたものの、東京都を中心に感染者の再増加が報告されている。熱中症、特に高齢者が生じやすい非労作性熱中症では、軽症者の症状は非特異的で、他の疾患も常に念頭に置く必要がある。軽症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の示す症状も非特異的で、軽症熱中症との鑑別は難しい。withコロナ時代における熱中症診療はどうあるべきか、既に数十人のCOVID-19患者を診療し、かつ熱中症診療にも詳しい公立昭和病院の小島直樹氏に聞いた。(文中敬称略)。


この記事を読んでいる人におすすめ