日経メディカルのロゴ画像

Lancet HIV誌から
HIV感染者は一般のCOVID-19患者と異なるか?
臨床経過に差は見られず通常と同じ治療でよさそう

 スペインHospital Universitario Ramon y CajalのPilar Vizcarra氏らは、マドリード在住のHIV感染者を継続的にフォローしており、プロテアーゼ阻害薬や逆転写酵素阻害薬を使用しているHIV感染者と、一般のCOVID-19患者の臨床特性と違いがあるかどうかを検討し、HIV感染者のCOVID-19の臨床経過は一般の患者とほぼ同様で明らかな違いは見られなかったと報告した。結果はLancet HIV誌電子版に2020年5月28日に掲載された。

 HIVに感染している人は、SARS-CoV-2感染リスクと、感染後の重症化リスクが高い可能性がある。特に、併存疾患がある人、CD4細胞数が少ない人、血中ウイルス量が高い人のリスク上昇が懸念されている。一方で、免疫抑制状態にあること、または抗レトロウイルス薬の使用が、感染リスクと臨床経過に影響を与える可能性もある。しかしこれまで、HIV感染者のCOVID-19感染率、臨床特性、転帰に関する情報はほとんどなかった。

 著者らは、マドリードの大学病院1施設を定期的に受診していた2873人のHIV陽性者の中から、18歳以上のHIV陽性者で、2020年4月30日までにCOVID-19確定例または疑い例となった連続する患者を特定し、臨床経過とアウトカムのデータを調べた。これらを一般のCOVID-19患者や、パンデミックが始まる前の2019年の後半6カ月にクリニックを受診しており、COVID-19を発症していないHIV陽性者と比較することにした。

 統計解析は、連続変数ではMann-WhitneyのU検定で、カテゴリー変数はχ2検定またはFisherの正確確率検定を行った。

 HIV感染者2873人中51人がCOVID-19と診断されており、発症率は1.8%(95%信頼区間1.3-2.3%)になった。51人中35人(69%)は定量的PCR検査によるCOVID-19確定例で、確定例の発症率は1.2%(0.8-1.7%)だった。同じ期間中にMadrid住民の26万9417人がCOVID-19と診断されており、発症率は4.02%(4.01-4.04%)だった。26万9417人中の6万1577人が確定例で、確定例の発症率は0.92%(0.91-0.93%)だった。

 COVID-19が確定したHIV感染者の平均年齢は53.6歳で、一般のCOVID-19患者の59.7歳よりもやや若く、50~59歳の患者が集中しており51%を占めた。一般のCOVID-19患者の方が広い年代層に分布していた。51人中8人(16%)が女性だった。

この記事を読んでいる人におすすめ