日経メディカルのロゴ画像

Journal of American College of Caldiology誌から
抗凝固療法がCOVID-19患者の死亡率を減らす?
機械的換気を受けている患者では抗凝固療法の期間が長いと死亡率が低下

 The Hasso Plattner Institute for Digital Health at Mount Sinai(HPIMS)のIshan Paranjpe氏らは、COVID-19で入院している患者に対する抗凝固療法が生存に及ぼす影響を検討する研究を行い、特に機械的換気下の患者では、抗凝固療法は受けた患者の死亡率が受けていない患者よりも低かったと報告した。pre-proof版はJournal of American College of Caldiology誌電子版に2020年5月6日に掲載された。

 COVID-19で入院した患者では、血栓塞栓症のリスクが上昇している。そうした患者に抗凝固療法を投与したところ、成績が向上したという報告はこれまでにもあった。著者らは、治療量の抗凝固薬(経口投与、皮下投与、静脈内投与)の適用が院内死亡率に及ぼす影響を検討するため、2020年3月14日から4月11日までにMount Sinai Health System傘下の病院に入院した2773人のCOVID-19確定例の情報を分析することにした。

 共変数候補として、年齢、性別、人種、BMIと、高血圧、心不全、心房細動、2型糖尿病の病歴、入院前の抗凝固薬の使用、入院日の抗凝固薬の使用などの情報を得た。

 2773人の入院患者のうち、786人(28%)が入院中に抗凝固療法を受けていた。入院期間の中央値は5日(四分位範囲3~8日)だった。入院から抗凝固療法開始までの日数は中央値で2日(0~5日日)で、抗凝固療法の実施期間は中央値で3日間(2~7日)だった。

 抗凝固療法を受けた患者の死亡率は22.5%で、生存期間の中央値は21日、抗凝固療法を受けなかった患者の死亡率は22.8%で、生存期間の中央値は14日だった。抗凝固療法は、侵襲的な機械的換気を受けている患者に多く適用されていた(29.8%と8.1%、P<0.001)。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ