日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎当面は無償で提供も供給量は限定か
レムデシビルが日本でもCOVID-19治療薬として承認

 厚生労働省は2020年5月7日、新型コロナウイルスSARS-CoV-2)による感染症の治療薬として、ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬レムデシビル(商品名:ベクルリー点滴静注液)を承認したと発表した。対象はSpO294%以下、酸素吸入を要する、ECMO、侵襲的人工呼吸器管理のいずれかの対象となる患者。国内ではSpO2が94%というだけでは中等症に該当するが、既に緊急使用が認められている米国に合わせた形で対象とした。ただし、薬剤の供給量が限られることから当面流通は国がコントロールし、実際は集中治療室に入っているなど国内で重症とされる患者に投与されることになる見込みだ。

この記事を読んでいる人におすすめ