日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
ACEIとARBはCOVID-19に悪影響を及ぼさない
6272人の患者と3万759人の地域住民を比較したイタリアの症例対照研究

 SARS-CoV-2は細胞表面のACE2を介して細胞内に侵入する。ACE阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)はACE2の発現を増加させるが、これらの薬の使用がSARS-CoV-2感染リスクやCOVID-19重症化リスクに影響を及ぼすかどうかは明らかではなかった。イタリアMilano-Bicocca大学のGiuseppe Mancia氏らは、ロンバルディア地方のSARS-CoV-2確定例と条件がマッチするコントロールを選び出して、薬の使用とCOVID-19の関係について検討したところ、ARBとACE阻害薬の影響は認められなかったと報告した。結果はNEJM誌電子版に2020年5月1日に掲載された。

 著者らは、COVID-19が流行して多くの患者が入院したイタリアのロンバルディア地方で、住民ベースのケースコントロール研究を行い、ACE阻害薬またはARBがCOVID-19リスクに及ぼす影響を検討し、さらには他の降圧薬(カルシウム拮抗薬、利尿薬、β遮断薬)や他の一般的な処方薬(脂質降下薬、糖尿病治療薬、抗血小板薬、抗不整脈薬、抗凝固薬、ジギタリス、硝酸塩、吸入ステロイド、NSAIDs、免疫抑制薬、短時間作用性β刺激薬、長時間作用性β刺激薬、他の慢性呼吸器疾患治療薬)の影響についても評価することにした。

 母集団はイタリアの人口の17%に相当するロンバルディア地方の住民600万人。ケースは、2020年2月21日から3月11日までに、PCR検査によってSARS-CoV-2の感染が確認された40歳以上の患者。高血圧の治療機会が少ない40歳未満の患者は除外した。ケース1人につき最大で5人まで、診断確定日の年齢、性別、居住地域がマッチするSARS-COV-2に感染していないコントロールを選び出した。

 医療記録から、2019年のケースとコントロールの処方薬の使用に関する情報と臨床プロファイルを得た。また、診断確定日前の5年間の情報を調べ、心血管疾患、癌、呼吸器疾患、腎臓病による入院歴も入手した。

 ケースに該当する患者は6292人いたが、このうち20人は条件がマッチするコントロールが見つからなかったため、6272人を分析対象とした。ケースの617人は重篤または死亡した患者で、残りは軽症から中等症の患者だった。コントロールは3万759人。ケースとコントロールはどちらも平均年齢は68±13歳で、37%が女性だった。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ