日経メディカルのロゴ画像

医師4816人に聞く“コロナ疲れ”
医師の4分の3が“コロナ疲れ”
有効な解消手段を見つけられない医師も多く

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応や自粛で心身の健康を害する“コロナ疲れ”が問題になりつつある。医師など医療者も例外ではない。日経メディカル Onlineの医師会員を対象に4月20日から26日にかけて行ったアンケートの結果、4分の3の医師がCOVID-19に関連して、“コロナ疲れ”を感じていることが明らかになった(図1)。

この記事を読んでいる人におすすめ