日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎COVID-19流行期に特化した診療指針作り進む
日循、新型コロナ流行期の医療体制維持で提言
待機的な検査・治療は当面の延期を求める

 日本循環器学会は4月26日、「COVID-19流行期における循環器医療体制維持に関する提言」を発表した(こちら)。同学会「COVID-19対策特命チーム」(委員長:佐賀大学循環器内科教授の野出孝一氏)が作成したもの。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急速な拡大により循環器医療体制の崩壊が強く危惧されており、「医療従事者の感染を防ぎ、重篤で緊急性が高い患者に対して治療が確実に行われるような状況を維持するため」に、循環器診療に従事する全ての医療関係者に向けた提言の発出に至ったとしている。

図1 日本循環器学会が提言した検査・治療のフロー(同学会の提言より)

この記事を読んでいる人におすすめ