日経メディカルのロゴ画像

Nature Medicine誌から
感染力はCOVID-19発症の2~3日前から高い
発症後は1週間程度でPCR陽性でも感染力は低下する

 現時点で、COVID-19パンデミックをコントロールする主な方法は、発症者と接触した人を同定し隔離することだが、発症の少なくとも2日前から感染性は非常に高い状態にあることが示唆された。中国広州医科大学のXi He氏らは、臨床データに基づく推定結果をNature Medicine誌電子版に2020年4月15日に報告した。

 著者らは、世代時間(発端患者の発症から2次感染者の発症までの時間)と潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)に注目した。世代時間が潜伏期間に対して短ければ、患者が症状を発症する前の段階で、2次感染が多く発生している可能性がある。その場合には、発症時点から患者の隔離と接触者追跡を開始し、発症者はマスクを着用するといった封じ込め策の有効性は、期待を下回ることになる。

 2003年に流行したSARSでは、患者の症状発症後7~10日間感染力が増加していることが明らかにされており、発症後の患者の隔離と検疫で効果的に封じ込めることが可能だった。これに対して季節性のインフルエンザでは、短期間だが発症前から感染力が増加していることが知られている。

 著者らはまず、感染性のプロファイルを推定するために、中国広州市第八人民院に入院した94人のCOVID-19確定例(年齢の中央値は47歳、50%が男性、2%が無症状で、32%が軽症、66%が中等症で、重症者はなし)のPCR検査の結果を分析した。それらの患者は、発症時点から32日後までの期間に計414回、喉頭スワブを提供していた。PCR検査で検出されたウイルス量は、発症後すぐが最も高く、そこからおおよそ21日後にかけて徐々に低下していた。性別、年齢、重症度は、ウイルス量の推移に影響を及ぼしていなかった。

この記事を読んでいる人におすすめ