日経メディカルのロゴ画像

在宅医療における臨時的な対応を中医協で議論、同日付で事務連絡発出
在総管では電話再診を訪問回数に含めて算定

 厚生労働省中央社会保険医療協議会中医協)は2020年4月24日の総会で、新型コロナウイルス感染症COVID-19)に伴う診療報酬上の対応について議論した。在宅医療における臨時的な対応として、電話等再診を行った場合も訪問回数に含めて在宅時医学総合管理料在総管)や施設入居時等医学総合管理料施設総管)を算定できるようにする。厚労省保険局医療課は同日付で事務連絡を発出した。

 在宅医療の現場では、COVID-19の拡大により患家や施設などから訪問を控えるよう要請されるケースがあるという。厚労省保険局医療課長の森光敬子氏は、「患者等が感染への懸念から訪問を拒否する場合も、まずは医療上の必要性を説明し、患者の理解を得て訪問診療の継続に努めてほしい」と説明。その上で、訪問を控えるよう要請された場合、臨時的な取り扱いとして、もともとの訪問頻度に応じて以下のように対応することが提案された。

この記事を読んでいる人におすすめ