日経メディカルのロゴ画像

緊急寄稿◎再利用は正しい方法で
N95マスクのアルコールによる消毒は禁忌

2020/04/24
西村 秀一(国立病院機構仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター)、阪田総一郎((株)メディエアジャパン)

 昨今のマスク不足を受けて、厚生労働省は医療現場におけるマスクの再利用(つまり消毒して使う)を許す事務連絡を出しました(事務連絡4月10日「N95マスクの例外的取り扱いについて」)。そこには過酸化水素水プラズマ滅菌器による滅菌、過酸化水素水滅菌器による滅菌、5枚のN95マスクを毎日取り換える──の3つの方法が示されています。

 前者2つは、米国でメーカーと当局が検討した成績を踏まえているとされ、また5枚のマスクの方法は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)がプラスチックやステンレス、紙の上での生存が72時間との報告に基づいていますが、一般的な医療機関がそのような特別な滅菌器を持つというのは非現実的と言わざるを得ません。

 SARS-CoV-2の不活性化にアルコールが用いられていることから、普通の医療現場では、アルコールを使って消毒し再利用しているところもあると聞きます。そこで4月22日、我々は、医療従事者を守る観点から、空中浮遊粒子で運ばれるウイルスを想定し、マスクの消毒がその素材性能に及ぼす影響を調べてみました。

 その結果は、衝撃的なもので、一日も早く医療現場の皆様にお伝えすべきものと判断しました。論文を書いている時間的猶予はありません。それでは多くの医療従事者が不要な感染リスクにさらされることになります。そこでこのたび日経メディカルのご厚意の下、私の責任でここに緊急報告させていただくことになりました。本稿をお読みになった方におかれましては、この情報について可及的速やかに医療現場の同僚の方々に周知浸透させていただければと思います。

この記事を読んでいる人におすすめ